海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

自分のメタルボンドを確認してみよう

メタルボンドを被せてから、数年~10年ほど経つ方は、

そろそろ、その被せているメタルボンドにお悩みを持ちだす時期ではないでしょうか。

今一度、良く自分のメタルボンドを確認してみましょう。

 

●メタルボンドと歯茎の間に隙間ができてしまっている。

●セラミック部分が欠けたりして裏側の金属が出てしまっている。

●歯茎が黒くなっている。

 

などなど、よくよく見てみると「あれ?こんな物だったけ?」と思うことはありませんか。

少しでも違和感や不具合を感じたら被せ変えを積極的に考えていきましょう。

 

やはり、使用している年数が増えると不具合が出る可能性が高いです。

また、金属を使っているのでその部分が劣化しやすく、

もしかしたら痛みを感じなくても、中で虫歯になっている可能性がありますので要注意です。

 

 

10年ほど前は、メタルボンドが最盛期でしたが、

今ではオールセラミックという新たな治療手段があります。

オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは | 歯の美容ブログ

 

 

金属を一切使用していないので、劣化の心配もなく、体に優しいです。

また、裏側もセラミックで出来ているので非常に透明感があり、

メタルボンドに感じる事が多い「人工的な歯」という印象も一切持たなくなると思います。

 

しかし、被せ変えを考えるのも、本数が多くて金額も高いので尻込みしてしまうかもしれません。

 

その様な方は、オールセラミックサービスを行っている株式会社Japan Dental Frontierをご覧ください。

オールセラミックの平均的な価格が110万円~15万円なのに対し、

弊社では147,000円~53,000円という金額で販売しています。

 

何故こんなに安いのか?安い歯で大丈夫なのか?

と思われる方もごもっともでしょう。

 

ホームページでもご紹介していますが、他のオールセラミックが高すぎるだけなのです!

言ってしまえば歯科医院が儲けに使っている部分なんですね。

それを適正価格で提供しているのがJapan Dental Frontierになります。

 

参考:Japan Dental Frontierのオールセラミックサービスの特徴 | 歯の美容ブログ

 

勿論、一般歯科・審美歯科などで使われているオールセラミックと同じものを使用しています。

安かろう悪かろうでは決してないのです。

 

メタルボンドからの被せ変えには色んなメリットがあります。

 

365日申し込みフォームよりお問い合わせ頂けますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

その後、カウンセリングを行い、治療方法や費用の見積りを提出させて頂きます。

 

弊社カウンセリングスタッフ、ならびに、提携医院ドクター・スタッフがお待ち申し上げております。