海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

新規も交換もメタルフリー治療がおすすめ

最近、歯科業界でメタルフリー治療が注目されています。

 

メタルフリー治療とは?

歯科材料として主に使用されいる、金銀パラジウム合金(いわゆる、銀歯)を使わずに治療する方法です。

保険範囲内の治療で安価、かつ耐久性もあるので現在でも使用されているクラウン(被せ物/差し歯)・インレー(詰め物)です。

 

しかし、見た目の悪さ、歯茎への悪影響、または金属アレルギーなどのリスクが考えられ、

それらのリスクを排除するという名目でメタルフリー治療が提唱されています。

 

特に、金属アレルギーが怖いです。

イヤリング・ピアス、ネックレスや腕輪など、金属が使われているアクセサリーなどが触れた部分が赤く腫れたり、痒みを感じることがあります。

部分的だとまだ防ぐ方法もあるかもしれませんが、症状が重くなると全身に広がる場合もあります。

また、皮膚だけではなく、口腔内(お口の中)もその対象で、口の中に強い痒みなどを感じ、

最悪、舌に発症すると味覚が分からなくなる場合もあり、日常生活に非常に大きなダメージを受けます。

インターネットなどで金属アレルギーについて調べてみると色んな痛々しい症例が出ますので、参考までに見てもらえると良いと思います…。

 

 

それらのリスクから身を守る事は非常に大事な事とは思いませんか?

 

非常に有効な、オールセラミック治療をお考えいただければと思います。

オールセラミックとは、金属を一切使用していないので上記の様な心配はありません。

 

また、神経の治療をした歯に対して、コア(土台)を立てる必要があるのですが、

それに関しても、保険だと金属のコアが使用されている場合が多いです。

 

この金属のコアが厄介で、ある程度年数が経った箇所ですと、

歯根の奥深くに、かつ、太いコアが使用されていることが多いので、除去するのが非常に困難になります。

こちらは、レントゲンを取って医師に相談すると良いと思います。

 

除去が可能で有った場合、ファイバーコア(グラスファイバーで出来た非金属の白いコア)を立てると、

メタルフリーになりますので安心ですね。

 

また、オールセラミックは見た目に関しても天然の歯、

言い過ぎではないですが天然の歯以上に綺麗な歯を作る事ができます。

 

特に人から見られる、目立つ箇所である前歯の治療になると見た目も綺麗にしたいですよね。

 

これから新たに歯を入れる方にも、すでに入っている銀歯を交換したい方にもメタルフリーの治療はおすすめです。

(参考リンク:銀歯のオールセラミック交換のすすめ。 | 歯の美容ブログ