海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

セラミックの歯の種類、ハイブリッドやメタルボンドとの違い

セラミックの歯と言っても色々種類があります。

 

オールセラミック

全てセラミックで作製された歯。

 

●ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックの混合で作製された歯。

 

●メタルボンド

内側が金属で、表面がセラミックで作製された歯。

 

全てセラミックを使用されていますが、作り方・使用する素材で名前がかわります。

被せ物の素材の違い。オールセラミックとセラミックは別物って知ってますか? | 歯の美容ブログ

 

用途によって、オールセラミック・ハイブリッドセラミックは使い分けられる場合がありますが、今、セラミックの治療をお考えの方はメタルボンドは選択しない様にすると良いと思います。

 

基本的にはオールセラミックを選択すれば綺麗で美しい歯を手に入れる事が出来ます。

 

メタルボンドは上記でも説明している通り、内側が金属になっています。

金属が使用されていることによる弊害も多くあります。

 

金属イオンが溶け出して歯茎を黒く染めてしまう「メタルタトゥー」

金属が体内に蓄積されて発症してしまう「金属アレルギー」

虫歯で治療した後に被せる方もいらっしゃると思いますが金属は劣化しやすく、そこからまた虫歯菌が入って再度虫歯になってしまう「二次カリエス

 

などと言ったリスクがあります。

 

 

また、インターネットなどで「メタルボンドは割れにくい」という情報が見られる場合があります。

これは、誤った情報ですので参考にしない方がよいです。

 

さらに、この様なことを言う歯科医師や歯科衛生士もいらっしゃいますが、セラミックに対する意識・知識が低いので信用しない様に注意しましょう。

例えば、通っている歯医者さんでメタルボンドをお勧めされている方があれば、今すぐセカンドオピニオンを受けてみましょう。

 

平均的価格が、メタルボンドが8万円~10万円ほど、オールセラミック10万円~15万円ほどになります。

メタルボンドの方が比較的お安くなっていますが、上記のようなリスクがあります。

これこそ安かろう悪かろうになりますのでご注意下さい。

 

決して一般的には安いものとは言えません。

そこで、下記サイトをご紹介しておきます。

オールセラミック製のキレイな歯が格安の47,000円|Japan Dental Frontier

 

こちらは、オールセラミック治療に特化したサービスを展開しており、平均的価格の1/21/3ほどの金額で治療が可能になっています。

 

詳しくはホームページをご覧頂ければわかると思いますが、

安いからといって悪い製品を提供している訳ではなく、上記一般歯科で高額で取引されているオールセラミックと同じ素材を使用しています。

言ってしまえば、一般的な歯医者さんでの治療が高額なだけとも言えます。

 

「安いけど良いオールセラミック」を提供している会社もそうそうありませんので、

治療をお考えの方は是非参考にして頂ければと思います。