海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

保険治療で白い歯はできるのか?

保険治療では、使用できる材料に限界があることはご存知でしょうか。

オールセラミック治療などに代表される自費治療に使われる素材は国の法律で決まっています。

 

虫歯治療を行ったことがある人は多いと思いますが、保険で虫歯治療を行うとほとんどの場合、銀歯になってしまいます。

オールセラミックなどの自費の白い歯にする為には、ある程度高額な治療費が必要になり、安易に選択できないのが現実です。

 

前歯左右の犬歯から犬歯までは、表面のみ白い素材が使用できていましたが、奥歯は銀歯と決められていました。

しかし、昨今の保険内容改定で、小臼歯(一番前の歯から数えて、4番目・5番目の歯)には、ハイブリッドセラミックと呼ばれる、セラミックとプラスチックの複合素材で白い歯を作れる様になりました。医院によっては取り扱いが無い場合がございます。

小臼歯はある程度大きめの口を開くと見える事が多いので、白い素材が使えるのはありがたいですね。

 

金属を使っていないので、金属アレルギーの心配もないですし、保険治療なので、自己負担額も1本の治療でトータル1万円前後と比較的安く白い歯に出来ます。

 

しかし、オールセラミックと比べ得ると、セラミックが混ざったプラスチックなので、強度は単なるプラスチックの歯よりも増しますが、オールセラミックよりは強度が劣ります。

すり減ったり、割れたり、穴が空いたりすることが起きたりしますので、そういった場合は銀歯にならざるを得ない可能性があります。

また、プラスチックは給水・光を浴びる事によって徐々に変色してきます。

特にお茶やコーヒーやワインなど色の強い飲み物や、煙草によって黄色く変色してきたりします。

 

オールセラミックは平均的な価格が10万円~15万円で高額でございますが、JDFなら147,000円~53,000円です。

Japan Dental Frontierのオールセラミックサービスの特徴 | 歯の美容ブログ

 

オールセラミックは、ハイブリッドセラミックと違い劣化や変色も起こらない素材で、もちろんどの箇所の歯でも装着することが可能です。

長い目で見ると、ハイブリッドセラミックより不具合が出る可能性や、破損などの確率も下がり、長期的な使用が見込めます。

まずは話を聞いてみないと何も始まらないと思うので、ホームページよりカウンセリングのお問い合わせお待ちしております。

japan-dental-frontier.com