海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

メタルボンドからの交換

10年ほど前から「オールセラミック義歯」が少しずつ世間に認知され、

現在の補綴(=差し歯)における審美歯科での治療の多くを占める様になりました。

 

昔の補綴での審美治療は「メタルボンド」という、

中が金属で表面がセラミックの差し歯を使われることが一般的でした。

 

「メタルボンド」とはご存知の方も多いと思いますが、自費治療によるものです。

同じ様な作りになっていますが、保険適用の「前装冠」とは素材も審美性も違い、

審美治療に関わらず、前歯の虫歯などで重宝されていました。

「前装冠」はセラミックではなく、樹脂が使われています。

 

弊社のオールセラミック治療のカウンセリングを受けられるお客様の中にも、

「昔装着した「メタルボンド」を「オールセラミック」に交換したい」と来られる方も多いです。

 

「メタルボンド」はその名の通り、また上記の説明通り、

金属が使われていますので、人によっては不具合が生じる可能性があります。

 

・メタルアレルギー

金属が体内に蓄積されるアレルギー反応で、JDFのカウンセリングに来られたお客様の中にも軽度~重度の症状をお持ちの方もいらっしゃいました。

皮膚に出る事が多く、痒みや頭皮にそれが出て、いわゆる10円禿が大量にある。という方もいらっしゃいました。

心配な方はまず皮膚科にご相談下さい。

 

・メタルタトゥー

金属イオンがお口の中で溶け出して、歯茎に色がついてしまうものです。

これを治すには歯茎の切開などの治療が必要です。

メタルボンドを装着されていて、歯茎(若しくは歯と歯茎の境目)が黒い事で気になっている方がいらっしゃれば、歯科医院にご相談下さい。

体感的に多くの場合、メタルタトゥーではなくブラックマージン(歯と歯茎の間に隙間ができて黒く見える事)が多いです。

程度や状況にもよりますが、ブラックマージンはコアや補綴物を交換すると改善出来る事が多いです。

 

しかし、決して金属=悪とは言えないので、

現在の自分の状況や見た目の問題などでご相談に行かれると良いと思います。

 

JDFが販売している、「オールセラミック」は上記の様な心配は無いです。

その名の通り全てセラミックで出来ていますので、体内に金属が取り込まれることや金属イオンが溶け出す心配はありません。

 

また、昔治療をされたメタルボンドよりもお安く治療できることもございますよ。

 

hanobiyou.com