海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

オールセラミックを長く持たせるには

オールセラミックの治療をしたものの、長く持たせるにはどうしたらいいの?と治療後のお客様から質問を受けることがよくあります。

特に海外に行かれる方は治療をした医院に中々戻ることができないので、少しでも海外での生活に不安を無くすためにも参考にしてください。

 

そこで、オールセラミックの治療後のアフターケアのご紹介をしたいと思います。

 

そもそもオールセラミックにしたからと言って虫歯にならないわけではないんです。

 

一番注意していただきたいのが『歯茎と歯の境目部分のブラッシング』です。

 

歯茎の奥のオールセラミックとご自身の歯の接着部分ですね。

そこにはご自身歯があり、そこから虫歯になってしまったりする可能性があります。

正しいブラッシングを行うことで予防できますので、毎日食後の歯磨きが大事になります。

デンタルフロス等を使って歯間の汚れを落とすのも大事です。

 

そして、治療後も定期的に歯医者さんに検診に行かれることをお勧めします。

 

どうしてもご自身では気づけない、見えない汚れや歯石がたまっていることがありますので

歯医者さんで行うクリーニングが大事になります。歯周病の検診もあわせてやるといいですね。

 

それともう一つ。

 

噛み合わせの確認をしていただいて下さい。

 

オールセラミックを装着した時に合っていた噛み合わせが、徐々にズレてきたりすることがあります。

噛み合わせがズレてきていたりすると、オールセラミックが欠けたり割れたりする原因になって

しまいますので、噛み合わせの確認をしていただく事をおすすめします。

 

『歯茎と歯の境目のブラッシング』と『定期的な検診での噛み合わせの確認』

が大事な事をお伝えしましたが、もう一つ大事なことがあります。

 

それは『ナイトガード』です。

 

ナイトガードとは、歯医者さんで作れるマウスピースの事です。

 

『歯ぎしり・食いしばり』がある方は必ず使用して下さい。

 

ご自身では歯ぎしり・食いしばりなんてしてないと思われている方の中にも、無意識にやって

しまっている場合があります。寝起きに顎が疲れていたり顎が痛んだりしたことはありませんか

 

歯医者さんにみていただくと、歯の削れ具合等から歯ぎしりや食いしばりをしていると分かることがあります。

 

恐らく、オールセラミックの治療途中に指摘された方も多いんではないでしょうか?

 

そもそもオールセラミックは陶器の素材で出来ています。

 

通常の生活で割れたり欠けたりしないよう、十分な厚みを持たせて作製してはいますが、

歯ぎしりや食いしばりが継続的にあると、欠けたり割れたりの大きな原因になってしまします。

 

せっかくキレイで高価なオールセラミックを入れたのに、割れたり欠けたりしてしまっては

本当にもったいないですよね。

 

オールセラミックを長く持たせるために、是非以上の事を実践されて下さいね。

 

hanobiyou.com