海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

歯を綺麗にする準備(2)

先ほどは、「歯の色」を綺麗にするホワイトニングのお話をさせてもらいましたが、

次は「歯並び」を綺麗にするということで書かせてもらおうと思います。

 

「歯並び」を治す方法として、一番最初に思いつくのは歯科矯正治療ではないでしょうか。

歯に器具(ワイヤーなど)をくっつけて強制的に歯を動かすと言う治療ですね。

 

中学生や高校生の時に同級生に2~3人居たという方も少なくないでしょう。

思春期~20歳前後に行う事が一般的です。

大人になると骨が堅くなるので動きづらくなるとされています。

 

矯正治療は治療期間が長く、2~3年が平均的で、

個人的な話で申し訳ないですが、私のおとうとも矯正治療をしていたのですが、

中学2年生から初めて、終わったのが高校3年生でした。

5年程かかった計算になりますね。

 

個人差はありますが、歯が動くのは半年~1年程で動くのですが、

人間の体は元に戻ろうとする、いわゆる再生能力がありますので、歯も元の位置に戻ろうとする力が働きます。

 

それを「そうじゃないよ~、君の本当の位置はここだよ~」と体に覚えさせる固定作業、

「保定(ほてい)」期間があるのですが、そちらが長く、これをサボってしまうと、元の位置に戻ってしまいます。

 

費用もご存知の通り高額で、歯科医院によって価格は異なりますが、80~100万円が平均的でしょうか。

なかなか簡単に出せる金額でもないですよね。

 

 

そこで、矯正治療に代わる治療方法として注目されているのが、

オールセラミック」による補綴治療(=差し歯)治療があるのはご存知でしょうか。

 

矯正治療だと、全ての歯の治療になってしまいますが、

一部分だけの歯列を治したい方や、費用を抑えたい・治療期間を短くしたい。という方にはうってつけです。

 

例えば、前歯6本の治療期間は、1.53か月程度の治療で完了する事もできます。

勿論、症例や状態によっては異なりますが、おおよそこれ位見ておけば大丈夫です。

 

1本あたり15万円と高額な所もありますが、1本5万円しないところもあります。

japan-dental-frontier.com

 

セラミックと謳って、金属が使われているセラミック(メタルボンド)や、

樹脂(プラスチック)と複合されているセラミック(ハイブリッドセラミック)を使っている所もありますが、

こちらは、「オールセラミック」を使用していてこの価格です。

その名の通り、オールセラミックなのでセラミックしか使っていないので、見た目や体に与える影響など心配ありません。

オールセラミック」の相場は815万円とされていますが、その半額以下の費用で治療できます。

 

探せばこんな安くて良いもので治療できるところもありますので、

是非参考に、「歯を綺麗にする」という目標の参考になればうれしいです。

 

オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは | 歯の美容ブログ