海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

お口の中の金属の詰め物を交換

歯医者さんにいって虫歯を治療し、削った歯の部分に金属の詰め物がされているというのを当たり前だと思っていませんか?

 

日本の保険診療では一般的に、小さい虫歯であれば『CR』(白い詰め物)、奥歯の大きい虫歯 には金属の『メタルインレー』(金属の詰め物)というものがよく使用されます。(金属は強度が高 く硬いので、硬い物を噛む奥歯によく使用されます)

 

ですが、よくよく考えてみるとお口の中に金属を使うって怖くないですか?

 

常に湿っているお口の中に金属があるってことは、そのうちにその金属が錆びてきたり、溶け出 してくるということです。 自転車も外に出しっぱなしにして、雨風にさらされていると、1年もたたずに錆びて来ちゃいますよね。

 

そして厄介なことに、お口の中で溶け出した金属が、『金属アレルギー』を引き起こすことがあるんです。

 

かゆみ、紅班、じんましんなどの皮膚症状の原因が、お口に中の歯の詰め物などの金属にある場合があるんです。金属アレルギーは金属とあたっている部分で起こるとは限らないんですね。

 

メタルインレーは保険診療なので費用はお安く済みますが、なんだか嫌だなーと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのような方は一度 『オールセラミックインレー』 (IPS e.maxインレー)をご検討されてみてはいかがでしょうか?

金属を一切使用していないオールセラミックの詰め物なので、見た目もご自身の歯と自然になじみます。

 

保険外の自費診療にはなりますが虫歯治療の際には、アレルギーリスクの軽減を考えて『オールセラミックインレー』を検討されてみるのもいいのではないでしょうか?

 

銀歯のオールセラミック交換のすすめ。 | 歯の美容ブログ