海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

オールセラミックの治療期間は最低でも3ヶ月を目安に

オールセラミック治療を始めると、とにかく歯並びを早く治したい。という意見をよく聞きます。

人間、始めたらすぐに結果が出て欲しい気持ちはわかりますよ。

 

 

特にワイヤーなどの矯正治療は時間が掛かることから、その分オールセラミックはすぐ終わるという印象を持たれているみたいですね。

でもワイヤー矯正に比べたらずいぶん短いですが、オールセラミックの治療もある程度の時間はかかります。

 

また、良い治療・良いオールセラミックを装着しようと思えばな尚更です。

 

 

「2~3回で治療が終わる」と謳っている所もありますがそれはレアケースです。

※御幣を招くといけませんので、2~3回で治療が終わるケースもあります。

詳しくは症例別、オールセラミック治療の期間の一覧 | 歯の美容ブログを参考に

 

オールセラミックは一生ものとは言えないものの、しっかり治療すればかなり長持ちすると言えます。

 

歯並びを治すために歯根を治療する事が多いオールセラミックの治療ですが、

そこの治療が疎かですと、膿んできたりそれが原因で痛みが生じてしまいます。

 

オールセラミックは決して安い買い物ではありません。

短い期間で不具合が生じてしまうと、折角装着した歯を壊して、また治療を行わないといけません。

 

勿体無いですよね。

 

急がば回れ

使い古された言葉ですが、全くもってその通りなのです。

 

早く歯並びを治せるという事も、オールセラミックの治療の魅力の一つですが、

決して焦った治療を行わない様に、行われない様に、注意しておきましょう。