海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

矯正治療は見た目が悪い

歯列矯正治療は「見た目が悪い」という意見をよく耳にします。

 

・ワイヤーが目立つ(←これが一番の理由に挙げられます)

ワイヤーを歯にくっつけて動かしていくのでどうしてもそれが見えてしまいます。

ただ、これが無いと歯は動きませんので装着せざるを得ないです。

 

・抜歯した箇所が目立つ

歯を動かすスペース確保の為に、抜歯を行う事が一般的です。

(多くは、上下左右4番目の歯:小臼歯を抜くことが多いです)

4番目の歯は他人から見える場所でもあるので、

一時的ではありますが歯が無い場所が目立ってしまいます。

 

営業や接客業をされている方などが矯正治療を避ける傾向にあります。

対人のお仕事だと見た目は気になりますからね。

 

では、他に歯並びを綺麗にする方法はないのか?となりますが、

オールセラミックによる補綴治療で歯列改善ができます。

 

天然歯に非常に近い仕上がりになりますし、

色味も選べますので歯を一緒に白く・綺麗にできます。

 

治療中も仮歯を着けるので歯がないという状態はほとんどありません。

若しくは、製品が完成するまでの間に仮歯を装着しますが、

その時点である程度歯並びが改善される場合もあります。

 

治療期間は1.53か月で完了する場合も多いので早く歯並びが良くなるのは大きなメリットですよね。

※但し、現状の歯並びにもよって大きく治療期間は変わるので医師にご相談下さい。

 

矯正治療は嫌だな~!でも歯並び綺麗にしたいな~!

と言う方は、【オールセラミックによる補綴治療】を是非参考にして下さい。

hanobiyou.com