海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

海外と考え方の違い(歯並び)

海外に留学したり、旅行に行ったりすると、日本にいる時は気にならなかった歯並びが気になるようになり帰国後堂々と歯を出して笑う事が出来なく悩まれている方もいらっしゃるんではないでしょうか?

またはこれから海外に留学するけど歯並びを現地の人に笑われたりしないかな?と不安を抱えている方も多いんではないでしょうか?

海外特に欧米方って、歯を出して笑った時に整った歯並びできれいな白い歯がほとんどで笑顔が魅力的な人が多いですよね。

そこで海外の方に『日本人の歯並びがどう思われているのか』インターネットで調べてみました。

残念ながら、やはり日本人は先進国の中で歯並びに対する意識が低いと思われているみたいです。

日本だとかわいいと思われる八重歯も、海外では吸血鬼みたいだとイメージが良くないみたいです。

 

欧米と日本では歯に対する考え方、力の入れようがかなり違うみたいで、歯並びが悪かったりすると『自己管理が出来ていない生活習慣の悪い人』、さらには『親や家族の教養が無い』や『歯科治療費が出せない生活レベルなんだ』などと悪いイメージを持たれるとも書いてました。そりゃー歯に対しての意識が高くなりますよね。

 

そこまで思わなくても。。。と日本人の私は感じますが。 そして社会的地位が高い人ほど歯並びが整っていて白いきれいな歯を保つ事が必須になるみたいです。

まぁ確かに白くて整った歯の方がイメージがいいですよね? 皆様も一度インターネットで調べてみられて下さい。

本当に歯に対する考え方の違いに驚きますよ! 私も実際海外の友人から『日本人はなんで歯並びをなおさないの?』と普通の会話途中に聞かれた経験があります。

海外の方の歯に対する意識の高さを肌に感じました。 日本と違い例えばアメリカでは、日本でいう国民健康保険(公的な健康保険)の制度を受けられるのは『障害者・低所得者・65歳以上の国民・米軍勤務者とその家族』に限られるみたいです。

なので必然的にアメリカの方々はそれぞれ民間などの保険に加入するのが常識になっているようです。

アメリカで保険無しに、例えば歯の神経を1本抜く事になると、なんと『10万円』程かかるんですって。驚きですよね!? 

そりゃー多少高額でも個人で民間の保険に加入しますね。

そういった国の保険制度の違いから歯に対しての意識の違いが生まれているのかもしれません。

話がズレましたが、現実問題日本に住んでる私たちが大人になった今歯並びを直そうと思っても、矯正は保険がきかないので治療費が高く手を出せ無かったり、ワイヤーを着けるとそれが目立って見えるのでどうしても気になったり、そして治療期間に数年はかかってしまうしと二の足を踏んでいる方がほとんどだと思います。

 

特に女性の方は、周囲の目が気になるという事が矯正に踏み切れない大きいの要因なのではないでしょうか? 目立たない歯の裏側(舌側)にワイヤーを着ける矯正もありますがより高額ですし、ワイヤーを付けないマウスピース矯正は、結局食事中以外マウスピースを付けての生活になるんですよね。

正直それだと気になって思いっきり笑えないですよね? そこで選択肢に入ってくるのが矯正のようにワイヤーやマウスピースを着けずに済むオールセラミックでの歯並び改善かと思います。

矯正と比べ費用が少なく済み(治療本数やその歯医者さんにもよりますが)、ワイヤーやマウスピースを着ける必要がないので他人の目を気にしなくて済み、そして何と言っても治療期間が短く済むというところが魅力的ですよね。

治療本数や神経を抜く必要があるかで治療期間に違いはありますが、前歯2本の治療の場合(弊社の場合)は最短1ヶ月半~3ヶ月程度と矯正に比べ大変短くて済みます。

ですが矯正にもメリットはあり、オールセラミックによる歯並びの改善にもデメリットがある事も事実です。

hanobiyou.com