海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

オールセラミックにしないための歯科定期検診のすすめ

皆さんは歯科にどれ位通っていますか?

3か月に一度行く方もいらっしゃれば、半年に一度の方もいらっしゃるでしょう。

または1年に1度、若しくは数年行っていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 歯科業界的には、3~5カ月に一度の定期検診をお勧めしています。

 

では歯科の定期検診とは何を行うのでしょうか。

他の一般的な定期検診と同じく、病気(虫歯)の早期発見を行うこと。

歯の健康維持には欠かせない歯磨きがしっかりできているか確認・指導も行います。

または、歯石除去などで歯周病ケアも行いますね。

もちろん、歯をキレイにしておくということは、歯が悪くなることを未然に防ぐことになります。

なので悪くなって、歯が無くなる前にケアはしっかりとしましょう。

海外では日本ほど医療保険がないので、日本よりも意識が高いです。というより日本は歯の健康に対する意識が低すぎますけど。

参考サイト

hanobiyou.com

 

暫く歯医者さんに行ってない方は、ぜひ行きましょう。

自分は虫歯が無いと思っていても実は虫歯があるかもしれませんよ?

定期的に検診に行っている方でも虫歯はできてしまうこともあるのです。

虫歯治療の後に被せる銀歯。

 

やはりお口の中に入っている金属の色って目立ちますよね。

年数が経ってくると黒ずんだりしますから余計に目立ちます。

それを払拭させる、唯一の方法を知っていますか?

オールセラミックの被せ物を使った治療方法です。 金属が一切使われていない歯を被せるので、自然な白い歯に回復できます。

但し、保険治療では適用外で、自由診療になってしまいますが、 お口の中を白く保てるので、誰に見られても恥ずかしくないですね♪