海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

日本人の歯への意識が低すぎる問題

日本人の歯に対する意識は、海外に比べて非常に低いそうです。

よく海外の歯のニュースなんかでも日本は先進国なのに歯に無頓着であるとネタにされています。ご存知でしたか?

(英語なので耳に入ってこないだけで、googleなどで検索すればすぐに出てきます)

特に

・歯並び

・歯の色味

・虫歯の治療跡

に無頓着な人が多い様です。

これは、悪くなったら保険でなんとかすればいいやという考えがあるからともいえますね。

 

一方欧米では、歯並びが悪い人や歯が汚い人は「自己管理が出来ていない人 」として評価され、ビジネスの場においても不利に働きます。

その為に、小さな頃から矯正治療を行ったり、定期的な歯科検診に通い、最悪の状況をさける人が多い様です。

歯並びを治すことで見た目はもちろんながら、歯ブラシがしやすくなり、清潔な状態を保ちやすくなります。

 

グローバルな社会になってきているので、いつ海外に行く事になるかわかりません。

その時に備えて!! とは言いませんが、日本にいても普段から綺麗な歯を保っていたいですね。

 

日本において歯を綺麗にするときくと、知名度が高いのは以下の2つですが、。

➡矯正治療

➡ホワイトニング

矯正治療が一番最初に浮かぶと思います。これは歯にワイヤーを掛けて力をくわえることにより、歯の位置を物理的に変えていく方法ですが、期間が1年以上と長く、その間器具をつけていなければいけないので、見栄えがよくありません。

ホワイトニングも歯をきれいにする方法ですが、名前の通り元の歯を白くしていくだけなので、根本的な歯並びの解決はできません。

 

そこで最近メジャーになってきたのが、この2つを同時に行える方法として『オールセラミック』というものがでてきました。

天然歯に近い見た目の義歯を被せる方法で俗に言う、差し歯のことです。 それの特に白く輝く美しいバージョン!と言えば分りやすいですかね??

自身の歯を削り、その上に、「きれいな歯並び」で「きれいな形で白い色」に歯をかぶせることでそれを可能としています。

綺麗な歯並びと理想の色を同時に手に入れれる画期的な治療方法と言えます。

実は10年近く前からそのもの自体は存在していたのですが、当時は平均価格が1本13〜15万円と大変高く、前歯を直したら100万円しておりました。

 

しかしながらここ最近になって、1本5万円前後でかつ高品質なサービスが増えてきており、前歯を治しても35万円程度出直せるようになっており、歯並びを治す治療として利用者が年々増えております。

その低価格で高品質なオールセラミックサービスのパイオニア的存在なのがJapan Dental Frontierという会社のオールセラミックサービスのようで、低価格であっても高品質を守ってサービスがなされているようです。

ここのカウンセラーの方は元々お客だったようで、書いて有ることがとても参考になります。

hanobiyou.com

 

この記事はわかりやすくておすすめですね。