海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

海外留学と歯並び

早い歯列改善の方法

梅雨も明けて夏本番になってきましたが、皆さん夏の予定は決まりましたか? 私は、神戸が地元なのですが、実家に帰ったり、地元の友だちと遊んだりする予定です。 中には、海外・国内問わず旅行に行ったりする方も多くいらっしゃるとおもいます。 旅行等に行…

オールセラミックの治療期間は最低でも3ヶ月を目安に

オールセラミック治療を始めると、とにかく歯並びを早く治したい。という意見をよく聞きます。 人間、始めたらすぐに結果が出て欲しい気持ちはわかりますよ。 特にワイヤーなどの矯正治療は時間が掛かることから、その分オールセラミックはすぐ終わるという…

歯列不正という現代病

日進月歩技術が進んだり、グローバルになって昔より世界が近くなっている現代社会。 便利や技術が進む中で現代病も出たりします。 PCやスマホによるブルーライトやドライアイなどの眼精疲労。 喘息や花粉症などのアレルギー疾患。 ストレスが原因の胃炎やう…

日本人と欧米人との顎形状、色、食べ物は違う

今回、歯に関して日本と欧米にどのような差があるのか考えてみました。 これから留学するから、その前に歯並びをよくしたい。銀歯を白くしたい~といわれる人や、海外に転勤するので虫歯を治したい。セラミックにしたい。とか、逆に海外から帰ってきて虫歯を…

すきっ歯(空隙歯列)は海外では幸運」

「空隙歯列」と言われても何のことだ? となると思いますが、俗に言う「すきっ歯」のことです。 歯と歯の間に隙間が空いてしまっている状態を言います。 このすきっ歯は海外では良いとされる場合もあり、スーパーモデルの間では幸運を呼び込むともされており…

八重歯の海外での評価

この記事を見てる方の中に八重歯の方もいらっしゃると思います。 宗教的な要因もありますが、アメリカなどで八重歯は、 Vampire teeth (ドラキュラの歯)・Devil's teeth (悪魔の歯)と呼ばれ、 歯並びが悪いのであれば、子どもの頃から矯正治療を行うこと…

定期検診と虫歯になった後

皆さんは歯の定期検診を受けていますか? 忙しくて時間がない。 歯医者に行く習慣がない。 歯医者は怖い。 と言う声が聞こえてきそうですね。 平成17年の厚生労働省のデータによると、歯科医院に『定期検診』で来院する割合は、全体の0.7%しかないようです…

日本人の歯への意識が低すぎる問題

日本人の歯に対する意識は、海外に比べて非常に低いそうです。 よく海外の歯のニュースなんかでも日本は先進国なのに歯に無頓着であるとネタにされています。ご存知でしたか? (英語なので耳に入ってこないだけで、googleなどで検索すればすぐに出てきます…