海外留学に向けた歯並びの治療のすすめ|ryudental blog

海外留学に向けた歯の治療方法やサービスをお伝えします

メタルボンドからの交換

10年ほど前から「オールセラミック義歯」が少しずつ世間に認知され、

現在の補綴(=差し歯)における審美歯科での治療の多くを占める様になりました。

 

昔の補綴での審美治療は「メタルボンド」という、

中が金属で表面がセラミックの差し歯を使われることが一般的でした。

 

「メタルボンド」とはご存知の方も多いと思いますが、自費治療によるものです。

同じ様な作りになっていますが、保険適用の「前装冠」とは素材も審美性も違い、

審美治療に関わらず、前歯の虫歯などで重宝されていました。

「前装冠」はセラミックではなく、樹脂が使われています。

 

弊社のオールセラミック治療のカウンセリングを受けられるお客様の中にも、

「昔装着した「メタルボンド」を「オールセラミック」に交換したい」と来られる方も多いです。

 

「メタルボンド」はその名の通り、また上記の説明通り、

金属が使われていますので、人によっては不具合が生じる可能性があります。

 

・メタルアレルギー

金属が体内に蓄積されるアレルギー反応で、JDFのカウンセリングに来られたお客様の中にも軽度~重度の症状をお持ちの方もいらっしゃいました。

皮膚に出る事が多く、痒みや頭皮にそれが出て、いわゆる10円禿が大量にある。という方もいらっしゃいました。

心配な方はまず皮膚科にご相談下さい。

 

・メタルタトゥー

金属イオンがお口の中で溶け出して、歯茎に色がついてしまうものです。

これを治すには歯茎の切開などの治療が必要です。

メタルボンドを装着されていて、歯茎(若しくは歯と歯茎の境目)が黒い事で気になっている方がいらっしゃれば、歯科医院にご相談下さい。

体感的に多くの場合、メタルタトゥーではなくブラックマージン(歯と歯茎の間に隙間ができて黒く見える事)が多いです。

程度や状況にもよりますが、ブラックマージンはコアや補綴物を交換すると改善出来る事が多いです。

 

しかし、決して金属=悪とは言えないので、

現在の自分の状況や見た目の問題などでご相談に行かれると良いと思います。

 

JDFが販売している、「オールセラミック」は上記の様な心配は無いです。

その名の通り全てセラミックで出来ていますので、体内に金属が取り込まれることや金属イオンが溶け出す心配はありません。

 

また、昔治療をされたメタルボンドよりもお安く治療できることもございますよ。

 

hanobiyou.com

銀歯が多い先進国は日本だけ

お口の中に銀歯が入っている方はどれ位いるでしょうか。

 

多い、少ないにかかわらず、1本以上入っている人は意外と多いと思います。

その銀歯が他人から見える、どう見られるかを意外と気にしたことはないかもしれません。

 

主に保険治療で使われる銀歯ですが、特に奥歯では強度面で優れた素材ではあるのですが、

歯は元々白(白黄)色ですので、その中にメタリックな色があると目立ってしまいます。

 

本人は、自分がどう見られるかと言う事は鏡を見ない限りわかりません。

特に人と会話をしている姿なんて、自分が写っている鏡を見ながら独り言を言わない限り見る機会は滅多にありません。笑

 

銀歯について、色んなサイトを見てみると、

●口腔内に気を遣っていない人に見える

●お口の中が汚いイメージ

●老けて見える

●生理的にダメ

など、ネガティブな意見やイメージが強いです。

 

これは、男性・女性に関わらず言える事だと思います。

 

 

実はこんなに銀歯が入っている先進国の国民は、日本だけと言われています。

予防歯科が進んでいる欧米諸国では、銀歯を入れる程の虫歯になる事が少なく、

定期的にメンテナンスを行う事によってそれを防いでいます。

 

また、最悪被せ物を使用することになっても、白い歯を入れる事が一般的な様です。

欧米をメインとする、海外の方の歯は綺麗なイメージありますよね。

 

日本では、白い歯を使用しようとすると、保険治療ではなく自費治療になります。

※一部、小臼歯にのみ保険で金属を使っていない白い歯を使えます。

 

主に、オールセラミックを使った治療ですが、一般的な価格は10万円~15万円になります。

保険治療では数千円で済む治療がかなりな高額治療になってしまいます。

 

この高額治療が原因で、殆どの方が躊躇したり諦めたりする理由だと思います。

もう少し安くならないかな…と思っている方も多いと思います。

 

JDFのオールセラミック治療をご利用頂くと、他歯科医院の1/21/3程のお値段で治療可能です。

主に前歯に使わる、IPS e.max147,000円。

前歯にも奥歯にも使用できる、ジルコニア150,000円で提供しています。

ジルコニア連冠orブリッジでの治療が必要な場合153,000円になります。

 

銀歯のオールセラミック交換については「銀歯のオールセラミック交換のすすめ。

 

他歯科医院でも同様に使われている素材です。

安いから悪い物なんてことは決してありません。

 

まずは、興味本位からでも構いませんので、一度お問い合わせ下さいませ。

オールセラミックを長く持たせるには

オールセラミックの治療をしたものの、長く持たせるにはどうしたらいいの?と治療後のお客様から質問を受けることがよくあります。

特に海外に行かれる方は治療をした医院に中々戻ることができないので、少しでも海外での生活に不安を無くすためにも参考にしてください。

 

そこで、オールセラミックの治療後のアフターケアのご紹介をしたいと思います。

 

そもそもオールセラミックにしたからと言って虫歯にならないわけではないんです。

 

一番注意していただきたいのが『歯茎と歯の境目部分のブラッシング』です。

 

歯茎の奥のオールセラミックとご自身の歯の接着部分ですね。

そこにはご自身歯があり、そこから虫歯になってしまったりする可能性があります。

正しいブラッシングを行うことで予防できますので、毎日食後の歯磨きが大事になります。

デンタルフロス等を使って歯間の汚れを落とすのも大事です。

 

そして、治療後も定期的に歯医者さんに検診に行かれることをお勧めします。

 

どうしてもご自身では気づけない、見えない汚れや歯石がたまっていることがありますので

歯医者さんで行うクリーニングが大事になります。歯周病の検診もあわせてやるといいですね。

 

それともう一つ。

 

噛み合わせの確認をしていただいて下さい。

 

オールセラミックを装着した時に合っていた噛み合わせが、徐々にズレてきたりすることがあります。

噛み合わせがズレてきていたりすると、オールセラミックが欠けたり割れたりする原因になって

しまいますので、噛み合わせの確認をしていただく事をおすすめします。

 

『歯茎と歯の境目のブラッシング』と『定期的な検診での噛み合わせの確認』

が大事な事をお伝えしましたが、もう一つ大事なことがあります。

 

それは『ナイトガード』です。

 

ナイトガードとは、歯医者さんで作れるマウスピースの事です。

 

『歯ぎしり・食いしばり』がある方は必ず使用して下さい。

 

ご自身では歯ぎしり・食いしばりなんてしてないと思われている方の中にも、無意識にやって

しまっている場合があります。寝起きに顎が疲れていたり顎が痛んだりしたことはありませんか

 

歯医者さんにみていただくと、歯の削れ具合等から歯ぎしりや食いしばりをしていると分かることがあります。

 

恐らく、オールセラミックの治療途中に指摘された方も多いんではないでしょうか?

 

そもそもオールセラミックは陶器の素材で出来ています。

 

通常の生活で割れたり欠けたりしないよう、十分な厚みを持たせて作製してはいますが、

歯ぎしりや食いしばりが継続的にあると、欠けたり割れたりの大きな原因になってしまします。

 

せっかくキレイで高価なオールセラミックを入れたのに、割れたり欠けたりしてしまっては

本当にもったいないですよね。

 

オールセラミックを長く持たせるために、是非以上の事を実践されて下さいね。

 

hanobiyou.com

オールセラミックの保証は海外だとどうなる?

オールセラミックの治療をお考えの方は、

是非そのオールセラミックに保証(アフターサービス)があるか無いかを事前にご確認下さい。

 

一般的に考えて、購入するものには全て保証がついていうだろう。と思いがちですが、医療関係には「保証」という概念がありません。

また、オールセラミック治療=自由診療ですので、特に取り決めも無く保証がないという場合もありますので注意が必要です。

 

ただ、これから海外に行く方はまた話が別です。

保証がついていてもあくまで、治療された医院でしか保証を用いた再治療はできません。

また、海外で割れた場合に、帰国後の再治療まで期間が開いてしまうと保証を受けられない可能性もございます。

 

こればかりは正直仕方のないことなので、受け入れるしか無いのですが、トラブルを避けるためのコツをお伝えいたします。

 

硬すぎるものを噛まないように注意

 

セラミックは、いわゆる陶器の様なものなので、硬すぎるを噛んだり、歯軋り・食いしばりなどで強い力が掛かった時に、パキっと欠けたり割れたりしてしまう可能性があります。

または、特に固いものを噛んでいないのに割れてしまう事も稀にあります。

それを予防するために

それによって壊れるリスクを大幅に下げる事が期待できます。

例えば、寝る時やスポーツをする時はマウスピースを着用する。

無意識に力が局所的に掛かる事を抑える事が出来ます。

 

装着して、慣れてから海外に行く

オールセラミックの欠けは装着後3ヶ月以内におきる割合が大きいです。

これは元の歯並びからオールセラミックの歯並びに変えたことで慣れずに

変な噛み方をしてしまう人が多いからです。

 

なので、海外にいく3ヶ月前くらいには装着をし、咬合調整などでしっかりと併せていくことで、初期破損のリスクを低減できます。

 

本当に、保証は医院によってまちまちで、

保証がないところもあれば、長期間の保証があるところもあります。

長期間保証のところは、定期的にメンテナンスに来てもらうなどの条件があるところがありますね。

 

しかし、これはある程度どこの歯科医院でも言える事だと思いますが、外的要因による破損は保証していないところが多いです。

例えば、可能性は極めて少ないでしょうが、ぶつけて割れた場合や事故によるもの、

あとは、転んで歯を打った時など、いわゆる、考えられる通常以外の使い方で割れた場合ですね。

想像以上に固いものを噛んだ時もその対象にもなっています。

特に日本にない食生活で固いもの、ナッツなどは注意しましょう。

 

しかしながら、上記にもある様に通常通り使用していても、

やっぱり割れてしまう事はゼロではないので、利用する側とすれば保証があれば安心です。

 

最近はオールセラミック治療も多くの方がご利用頂く時代になりましたので、

保証の有無について問い合わせるか、歯科医院でしっかり話をして頂くことをお勧めします。

 

hanobiyou.com

歯を綺麗にする準備(2)

先ほどは、「歯の色」を綺麗にするホワイトニングのお話をさせてもらいましたが、

次は「歯並び」を綺麗にするということで書かせてもらおうと思います。

 

「歯並び」を治す方法として、一番最初に思いつくのは歯科矯正治療ではないでしょうか。

歯に器具(ワイヤーなど)をくっつけて強制的に歯を動かすと言う治療ですね。

 

中学生や高校生の時に同級生に2~3人居たという方も少なくないでしょう。

思春期~20歳前後に行う事が一般的です。

大人になると骨が堅くなるので動きづらくなるとされています。

 

矯正治療は治療期間が長く、2~3年が平均的で、

個人的な話で申し訳ないですが、私のおとうとも矯正治療をしていたのですが、

中学2年生から初めて、終わったのが高校3年生でした。

5年程かかった計算になりますね。

 

個人差はありますが、歯が動くのは半年~1年程で動くのですが、

人間の体は元に戻ろうとする、いわゆる再生能力がありますので、歯も元の位置に戻ろうとする力が働きます。

 

それを「そうじゃないよ~、君の本当の位置はここだよ~」と体に覚えさせる固定作業、

「保定(ほてい)」期間があるのですが、そちらが長く、これをサボってしまうと、元の位置に戻ってしまいます。

 

費用もご存知の通り高額で、歯科医院によって価格は異なりますが、80~100万円が平均的でしょうか。

なかなか簡単に出せる金額でもないですよね。

 

 

そこで、矯正治療に代わる治療方法として注目されているのが、

オールセラミック」による補綴治療(=差し歯)治療があるのはご存知でしょうか。

 

矯正治療だと、全ての歯の治療になってしまいますが、

一部分だけの歯列を治したい方や、費用を抑えたい・治療期間を短くしたい。という方にはうってつけです。

 

例えば、前歯6本の治療期間は、1.53か月程度の治療で完了する事もできます。

勿論、症例や状態によっては異なりますが、おおよそこれ位見ておけば大丈夫です。

 

1本あたり15万円と高額な所もありますが、1本5万円しないところもあります。

japan-dental-frontier.com

 

セラミックと謳って、金属が使われているセラミック(メタルボンド)や、

樹脂(プラスチック)と複合されているセラミック(ハイブリッドセラミック)を使っている所もありますが、

こちらは、「オールセラミック」を使用していてこの価格です。

その名の通り、オールセラミックなのでセラミックしか使っていないので、見た目や体に与える影響など心配ありません。

オールセラミック」の相場は815万円とされていますが、その半額以下の費用で治療できます。

 

探せばこんな安くて良いもので治療できるところもありますので、

是非参考に、「歯を綺麗にする」という目標の参考になればうれしいです。

 

オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは | 歯の美容ブログ

歯を綺麗にする準備(1)

歯の色や歯並びを綺麗にしたい。

と日ごろから思っている方も多くいらっしゃると思いますが、

勿論、予算や治療期間などの心配や、恥ずかしいと思う気持ちもあるかもしれませんが、

是非一度、少しでも良いのでを起こしてみましょう。

 

T-UPティーアップ)」というゴルフ用語があります。

ご存知の通り、ゴルフボールを打つために「ティー」と呼ばれるものにボールを乗せることです。

 

遠くに飛ばす為、自分が狙ったところに飛ばす等の為に、

いつでも打てる状態を作る。という行為ですね。

 

 

それと同様に、「歯を綺麗にするぞ~」という状態になる様にしてみましょう。

今まさに「審美歯科」「ホワイトニング」「オールセラミック」などで検索してこのサイトに行きついたのであれば、

その検索行為もひとつのT-UP行為となりますのでその調子でいきましょう♪

 

まず、歯を綺麗にすると言っても、上記にも記載したように、

「歯の色」を綺麗にしたいのか、「歯並び」を綺麗にしたいのかで行う治療は変わってきます。

 

★「歯の色」をしたい場合。

歯の色のみを綺麗に(=白く)したい場合、考えられる治療は「ホワイトニング」です。

その中でも種類があり、

歯科医院内で行うホワイトニングをオフィスホワイトニング。

自宅など歯科医院外で行うホワイトニングをホームホワイトニングと言います。

 

オフィスホワイトニングは、医院内で専用の薬をつけて光を当てて一気に歯を白くする方法です。

おおよそ2~3回でかなり白くなる効果があります。

その反面、一気に白くした分、色戻りが起こりやすいので長期的な白さは期待できません。

結婚式や旅行等、写真を多く撮るスポットでの使用が好ましいと思われます。

 

ホームホワイトニングは、自宅などでマウスピースを使い、そこに専用の薬を入れてじっくり歯を白くする方法です。

就寝時などに78時間未満で使用することが一般的です。

オフィスホワイトニングと比べ、じっくり自分のペースで白くなっていきますので、

せっかちな方やスポットでの使用はお勧めできません。

しかし、白さは持続力が高く長い間色を保てますし、少し色が戻ってきたらまた同じマウスピースでホワイトニングできるので経済的です。

あ、勿論、専用の薬が無くなれば購入しないといけませんが、使用頻度によって変わりますが1か月分2~3千円位です。

 

また、ホワイトニングで歯が白くならない、「テトラサイクリン歯」というのもあるので、事前に調べる様にしましょう。

 

参考サイト

hanobiyou.com

 

海外の方向けの治療期間の目安

 

海外留学などでオールセラミックの治療を望む方の多くに、

「治療スピードの速さ」を求める方が非常に多くいらっしゃいますが、パターンが多い2つで説明します。

 

~天然歯からオールセラミックを被せる場合~

歯には神経が通っています。

ですので、温冷感や痛みなどを感じるわけです。

オールセラミックの治療は天然歯を削って、その上に冠を被せる方法なのですが、

削る量にもよりますが、神経に触れて非常に強い痛みを感じてしまいます。

ですので、事前に神経処置を行い、補強などを行って被せる事が一般的です。

この治療が少し時間が掛かる物になります。

しかし、この神経の処置などの基礎治療が大事で、

ここを突貫工事などで蔑ろにしてしまうと、今後のオールセラミックの寿命が短くなったりしてしまいます。

 

本数や程度によって異なりますが、前歯6本の治療では3か月程度(8回)の治療期間がかかります。

勿論、本数が増えれば増える程時間が掛かってしまいます。

 

神経処置を行わない場合は、歯を削る➡型を取る➡装着という風に、3回程度で終わる事もあります。

 

 

 

~銀歯からオールセラミックを被せる場合~

 

長年銀歯を使用していた場合、虫歯になっていたり金属が使用されていたことによる不具合も考えられるので、

状況を見てみないといけませんが、何も悪い所がなければ、外す➡型を取る➡装着といった感じの1ヶ月半(3回程度)の治療で終わる事もあります。

もし、不具合があれば、上記同様神経処置等の治療が入るのでそれなりに期間がかかってしまうこともあります。

 

症例別の治療期間はこちらにまとめてありますので、参考にしてみるよ良いですよ。

症例別、オールセラミック治療の期間の一覧 | 歯の美容ブログ

 

ただ正直な所、現状からどう改善するのかで変わるので、診てみないと詳細はわかりません。

早く治療を終わらせられるかどうかを判断する為に、カウンセリングを受けて頂く必要があります。

 

目安は上記を参考に、お客様がご希望される治療の敵京の可否、治療期間などをご案内差し上げています。

但し、人体のことなので、絶対に3か月で終わる。と言えない事が心苦しいのですが、治療期間が延びる可能性もあります。

 

その辺りはご理解頂きつつ、オールセラミック治療のカウンセリングを受けてみて下さい。